「吹付けロックウール被覆外壁を用いた防火設備の連結マニュアル」について

    防火設備を相互に連結する際、その組合せ毎に認定を取得する必要があります。また連結する防火設備は、試験設備の関係から大きさに制約されます。これらの課題を解決するため、防火設備を相互に連結するには、壁(連結材)により繋ぐことが必要となり、水平方向の連結には、平成30年3月15日国住指第4608号「外壁の開口部に設ける防火設備に係る連結材の取扱いについて(技術的助言)」が通知されました。
    しかしながらコーナー部分及び上下に連結する窓の要求や、建具の改装工事において内部の仕上げ材を撤去することなく簡便に改装する構造の要望もあり、今回、「吹付けロックウール被覆外壁(FP060NE-9305)を用いた防火設備の連結マニュアル」を国土交通省住宅局建築指導課、国土交通省国土技術政策総合研究所並びに国立研究開発法人建築研究所にご指導いただき、とりまとめましたのでご活用願います。

    添付資料 吹付けロックウール被覆外壁(FP060NE-9305)を用いた防火設備の連結マニュアル


    本サイト上の文書や画像等に関する諸権利は一般社団法人カーテンウォール・防火開口部協会に帰属します。

    文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。