一般社団法人 日本サッシ協会
  検索

    事業案内

     ■ 目的 
     

    会員相互の協力により、安全かつ適切な品質のカーテンウォール建築及び防火開口部等の

    健全な普及促進を図り、災害の防止を推し進め、もって社会に貢献することを目的とする。

    ■ 名称
     

    一般社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会  略称「カ・防協」

    英文名称 CURTAINWALL FIREWINDOW’S ASSOCIATION 略称「CFWA」

    ■ 員組織
      正会員(1~3種)及び、賛助会員からなり、全国各地のカーテンウォール及び防火開口部の製造メーカー等関連会社が加入 
    ■ 事業内容
     

    カーテンウォール及び防火開口部等について、次の事項。

    (1) カーテンウォールの技術基準の策定、調査研究及び普及促進
    (2) 防火開口部の技術基準の策定、調査研究及び普及促進 (防火開口部に関する証明を含む)
    (3) 開口部耐震補強枠の技術基準の策定、調査研究及び普及促進
    (4) 人材育成・品質管理等に係る供給体制の整備
    (5) 関係機関との連絡協調、情報交換等
    (6) 関係情報の提供
    (7) その他本会の目的達成のために必要な事業
     ■ 沿革
    昭和39  2  日本カーテンウォール工業会設立
    昭和39  3月  社団法人として登記
    昭和41  2  建設省住宅局建築指導課「耐火構造の指定について」 (住指発第59号)通達
    昭和4211 「カーテンウォールの性能基準」刊行
    昭和52  2 「メタルカーテンウォール施工要領」刊行
    昭和60  6  建築学会 JASS14 カーテンウォール工事 刊行
    昭和61  カーテンウォール技能検定 開始
    平成元年 10月  任意団体「アルミ防火戸認定推進協議会」発足
    平成 3年   9月 乙種防火戸(通)大臣認定取得  ・第2号 アルミニウム製乙種防火戸
    平成 4年 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マイスター)開始
    平成 7年   1月 阪神大震災発生
    平成 7年 12月 「カーテンウォールってなんだろう」(設立30周年記念)発行 
    平成 8年   8月  開口部・建具の耐震性研究委員会発足
    平成10年  1月 乙種防火戸(通)大臣認定取得   ・第4号 アルミニウム製住宅防火戸
    平成12年  4月 アルミ耐震補強枠 使用実績第1号(東京都豊島区 佐藤邸)
    平成12年  5月  乙種防火戸(通)大臣認定取得 
     ・第5号 木質系住宅防火戸 
     ・第6号 耐熱板ガラス入りスチール・ステンレス製乙種防火戸
     ・第7号 防火区画(ビル)用木質系乙種防火戸
    平成12年  6月 改正建築基準法の施行(性能規定化等)
    平成12年  8月 社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会に名称変更
    (アルミ防火戸認定推進協議会と合併)。
    平成13年11月 アルミ耐震補強枠 「『地震から生命を守る』2001しずおか技術コンクール」
    優秀賞受賞
    平成14年  2月  防火設備大臣認定へ移行・新番号取得
     ・EB-9101~9108 アルミニウム合金製はめ殺し窓~引き自動ドア
     ・EB-9111~9119 アルミニウム合金製はめ殺し窓~巻上げ窓シャッター 
     ・EB-9121~9124 木質系はめ殺し窓~開き窓 
     ・EB-9131~9133 耐熱板ガラス入り鋼製はめ殺し窓~引き自動ドア
     ・EB-9141 木質系開き戸
    平成14年  5月 複合防火設備 大臣認定取得 
     ・CAS-0003 耐熱板ガラス入り鋼製開き戸/複合防火設備 
     ・CAS-0004 木質系開き戸/複合防火設備 
    平成14年11月 複合防火設備 大臣認定取得 
     ・CAS-0014 網入り板ガラス入り鋼製開き戸/複合防火設備
    平成15年  3月 「カーテンウォール耐火設計指針」発行
     アルミ耐震補強枠 (独)建築研究所主催「木造住宅の耐震補強構法技術コンペ」優秀賞受賞
    平成15年12月 「カーテンウォール性能基準2003」発行
    平成16年  6月 複合防火設備 大臣認定取得 
     ・CAS-0141耐熱板ガラス入り鋼製開き戸・木質系開き戸・耐熱板ガラス入り引き自動ドア/複合防火設備
      
    平成17年  1月 アルミ耐震補強枠 兵庫県等主催「ひょうご住宅耐震改修技術コンペ」補助対象工法に選定
    平成17年  7月 防火設備 大臣認定取得
     ・EB-0275 複層ガラス入りアルミニウム合金製折りたたみ戸
     
    平成18年  3月 建築基準法施行令第112条改正(複合防火設備における危害防止措置)に伴う
    再認定 
    CAS-0003~0004、CAS-0141、CAS-0014→CAS-0259~CAS-0262
    アルミ耐震補強枠 愛知県での「あいち木造住宅耐震補強技術コンペ」に入賞(佳作)
    東京都主催「安価で信頼できる耐震改修工法・装置の事例等」に選定・展示会出展
     
    平成19年  6月 改正建築基準法の施行(建築確認・検査の厳格化等)
    平成20年  5月  国土交通省住宅局建築指導課長通知
    「カーテンウォールの構造方法について(技術的助言)」
     
    平成20年  7月 「カーテンウォールの構造方法について(技術的助言)」の構造説明図等を当協会にて取りまとめ
    平成21年  1月  「カーテンウォール防耐火性能研究会」発足 
    平成21年  8月 

    国土交通省「防耐火関連の構造方法等の認定に関する調査等の結果について」公表

    (当協会運用案件を含む)

    平成22年10月  以後11月、平成23年1月・3月を含む計4回
    国土交通省「防火設備の大臣認定仕様との不適合について」公表
    (当協会のアルミ樹脂複合引き窓へのサンプル調査等関係)
     
    平成23年  2月 国土交通大臣発言(住宅用防火設備の大臣認定関係) 
    平成23年  3月 東日本大震災発生
    アルミ耐震補強枠(財)日本建築防災協会より「住宅等防災技術評価書」
    平成24年  4月  一般社団法人への移行登記

    本サイト上の文書や画像等に関する諸権利は一般社団法人カーテンウォール・防火開口部協会に帰属します。

    文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。